More from: 2004年

2004年12月末

大学、大学院の友人のお連れ合いの訃報を聞く。詳しいことはわからない。お連れ合いも私と同じ病気だったらしい。 友人はこの日記をよく読んでくれているようだ。参考になったのだろうか。 とても、重い。自らに引きつけて考えてはいけ […]