More from: うつ


自選21首

とにかく、寝ても寝ても寝ても寝てもねても、眠くて眠くて眠くて、寝てばかり居る。 幸い、念慮も企図もない。 詠んだ歌を読み返して、暗くなる。 心臓の上の肋間が痛い。これは、かつて、最初に就職した職場で味わったものと同じだ。 […]


その後

バスに乗り勝手知ったる道行けど変わらぬものを探しかねつる 20年通ひし床屋久々に髭剃り頼み父の話しす 仕事では細かく人に合わせしと父の噂を聞きて涙す 全身をピンクで固めバス停で行き先告げし娘ぞ一人 吾は多分かの父親と同世 […]


48時間後

父のそば丑三時に目が覚めるい往たるかほ見しばし眠れず 次々と昔のことを思ひ出し悔恨に吾押し潰さるる 明け方に通夜堂抜けて逃げ去りてホテルの部屋で一人かもねむ 絶え間なくマナーモードのケータイが痛む頭に責め込みにけり 気が […]


24・36時間後

のどやなか日差しの中に梅一輪知ることもなく父は往にけり 障碍の足引きずりつ倒るまで自らせしむ父は往にけり すいすいと鏨走らせて寡黙なり誇りを秘めし父は往にけり イビキかき口半開き安らかないつもの寝顔で父は往にけり 直接の […]