More from: おい



飛蚊症

公園のベンチで横になりぬれば雲1つなし初夏の風吹く あを空の手前に焦点合わせれば煌めく点ぞランダムに飛ぶ 煌めける光に混じる細胞のやうなものあり往にて戻りき 濁りたる目にも空こそをかしけれ蒸し暑き風とろけつる脳 無理矢理 […]


自選21首

とにかく、寝ても寝ても寝ても寝てもねても、眠くて眠くて眠くて、寝てばかり居る。 幸い、念慮も企図もない。 詠んだ歌を読み返して、暗くなる。 心臓の上の肋間が痛い。これは、かつて、最初に就職した職場で味わったものと同じだ。 […]


その後

バスに乗り勝手知ったる道行けど変わらぬものを探しかねつる 20年通ひし床屋久々に髭剃り頼み父の話しす 仕事では細かく人に合わせしと父の噂を聞きて涙す 全身をピンクで固めバス停で行き先告げし娘ぞ一人 吾は多分かの父親と同世 […]


48時間後

父のそば丑三時に目が覚めるい往たるかほ見しばし眠れず 次々と昔のことを思ひ出し悔恨に吾押し潰さるる 明け方に通夜堂抜けて逃げ去りてホテルの部屋で一人かもねむ 絶え間なくマナーモードのケータイが痛む頭に責め込みにけり 気が […]


12時間後

人体の代替パーツ丸太から削り出す腕静かに消える 孫を見る前歯の抜けた笑顔でも容赦なき攻め勝負は譲らず 最後まで文字読み続けたる父なりし積み重ねたる新聞の山 鉛筆で書き込みをした辞書2冊拡大鏡で見てる父をり 日々弱る僧帽弁 […]