MacBook Air 11インチ

研究費で購入しましたっ

(2010/12/9に届く)

思い起こせば、世界的事務機器会社某IBMの「漬物石のような」ラップトップをはじめ、重い機器ばかり持ち歩いていたのですよ。
周辺機器を含め、ディパックは最低8Kg…くぅ〜
とはいえ、人並みより重いカバンを持ち運ぶのには変わらんのだけどさ〜
もちろん、iPadも射程には入れてましたよん。
でも、キーボードが…
わたし、絶滅危惧種のひらがなキー拾いなんですな。
ハードウェアはこんな感じ。
ハードウェア:
  機種名: MacBook Air
  機種 ID: MacBookAir3,1
  プロセッサ名: Intel Core 2 Duo
  プロセッサ速度: 1.6 GHz
  プロセッサの数: 1
  合計コア数: 2
  二次キャッシュ: 3 MB
  メモリ: 4 GB
  バス速度: 800 MHz
メモリ:
  ECC: 無効
  サイズ: 2 GB × 2
  種類: DDR3
  速度: 1067 MHz
グラフィックス/ディスプレイ:
NVIDIA GeForce 320M:
シリアル ATA:
NVidia MCP89 AHCI:
  製造元: NVidia
  製品: MCP89 AHCI
  リンク速度: 3 ギガビット
  確立リンク速度:: 3 ギガビット
  説明: AHCI Version 1.30 Supported
APPLE SSD TS128C:
  容量: 121.33 GB(121,332,826,112 バイト)
  機種: APPLE SSD TS128C
Xbenchの結果も載せちゃう。
Results136.55
System Info
Xbench Version1.3
System Version10.6.5 (10H574)
Physical RAM4096 MB
ModelMacBookAir3,1
Drive TypeAPPLE SSD TS128C
CPU Test113.16
GCD Loop188.349.93 Mops/sec
Floating Point Basic90.822.16 Gflop/sec
vecLib FFT75.062.48 Gflop/sec
Floating Point Library175.3430.53 Mops/sec
Thread Test192.52
Computation218.954.44 Mops/sec, 4 threads
Lock Contention171.787.39 Mlocks/sec, 4 threads
Memory Test142.01
System153.66
Allocate223.51820.79 Kalloc/sec
Fill127.176183.42 MB/sec
Copy139.152874.04 MB/sec
Stream132.01
Copy125.172585.24 MB/sec
Scale122.762536.24 MB/sec
Add141.563015.63 MB/sec
Triad140.803012.07 MB/sec
Quartz Graphics Test114.14
Line106.667.10 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle117.8235.18 Krects/sec [50% alpha]
Circle101.678.29 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier122.933.10 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text125.417.85 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test96.42
Spinning Squares96.42122.32 frames/sec
User Interface Test140.30
Elements140.30643.89 refresh/sec
Disk Test254.34
Sequential165.53
Uncached Write237.85146.03 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write273.01154.47 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read73.2721.44 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read377.33189.64 MB/sec [256K blocks]
Random548.78
Uncached Write312.7033.10 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write530.93169.97 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read1499.9110.63 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read649.01120.43 MB/sec [256K blocks]
内蔵SSDの威力でしょうなぁ、速さには問題を感じない。
これで、会議の時の内職は決まり、だな〜
授業のプレゼンテーションが問題ですのよん。
これまで、OHPを2台利用していたのですが、そもそも、OHPが入手できなくなってしまいましてね〜
某Microsoftの某PowerPointは嫌いなので、とりあえず、PDF書類を画面に表示して授業していました。
非常勤先では、OHPとスクリーンを持参する事もあったりする。
その時には、OHPとプロジェクター出力を併用して「2台」にしているわけですな。
今使っているOHPが壊れてしまった時の事を考えると…
MacBook Airで、プロジェクター2台に出力する、か…
まだ、テストしていないけれども、
を購入している。
USBからもプロジェクターに出力して、2台のプロジェクターを使おう、というわけ。
果たして、意図通りにいくのかどうか…
そうそう、外付けハードディスクも購入した。
WesternDigital My Passport Essential SE ポータブルハードディスク 1TB USB2.0 Black WDBABM0010BBK-JESN
ですな。
Amazonが安かった。

パーティションを2つ用意して、1つは、Time Machineバックアップに利用。
もう1つに、もろもろのデータを放り込む。
もろもろのデータのバックアップがもう1つできた事になる、けど、シンクロさせるのが面倒か…


コメントを残す