復職をめざして…現在も…3

受診してみましたら…

身体、というか、首、というか、向きによって、無呼吸になったりならなかったり。
寝相を制御できる、訳でもないので、困りますな。
総合的には、中程度の無呼吸症候群、ということで。
またまた、ほっとしたり、不安になったり。
早速、CPAP(シーパップ)をつけることに。
どうも、レンタル、らしい。
そして、個人に合わせて、空気圧を調整する、らしい。
で、また、検査入院。
これまた、2週間待ち。
まったく、迷惑な番組だ、とも、言えないか…
さてさて。
検査入院は、前回と同様、20時までに手続きをして…
技師さんが、センサーをつけてくれるのです。
さらに、今回は、CPAPが追加。
小型掃除機、みたいな機械、と、「マスク」を装着…
こんな感じ。
P1000886s.jpg
前より、こわいっ
寝入りの悪いわたし、今回は、2時間ほど輾転反側…
夜中に、いくつか、写真を撮ってみたりして…
睡眠ポリグラフ、ノートパソコンに記録されるのですな。
P1000887s.jpg
こいつは、呼吸センサーにつながっているみたい。
P1000888s.jpg
身体についているセンサーはいったんこの機械に集約されて…
P1000893s.jpg
こちらの機械につながって、さらにノートパソコンにつながる…
P1000889s.jpg
頭にもセンサーがついていて、脳波を拾うらしい…
うわっ、はげっ
P1000890s.jpg
頭センサー、もう一枚…
P1000891s.jpg
さらに、頭のセンサー…
P1000892s.jpg
夜中、0時過ぎ、寝入ったようです。
…ま、後から、睡眠ポリグラフの結果でわかったことですけど。
2時過ぎにまた起きて、ぐだぐだしたこともわかりましたです。
朝、技師さんがセンサー類を外してくれましたけど…
そのとき、「眠れなかった」と話したんですよね〜
そしたら、「そのようにおっしゃる方でも、睡眠ポリグラフの結果を見るとよく寝ていることがわかるんですよ〜」とのこと。
で、またまた、睡眠ポリグラフの概要を説明してくださったのですけど…
わたしの感覚通り、深い眠りに入ってなかったっす…
6時過ぎに、ようやく寝入った感じ。
だってさ、眠れないよ、こんなのつけてたら。
果たして、CPAPの圧、決められるのかね〜
今回も、検査入院費用、23,000円也。
つづく…

コメントを残す