2009年最後のうた

今ごろ、では、あるが、2009年は、散々な年だった。
散々な年は、この10年で何度かあったけれども、歳を重ねるたび、前の年が一番ひどかったように思える。
後半は、うた、すら、詠んでいない。
それでも、2009年11月から、2010年にかけて、詠んでいたのが…

ケータイの待ち受けのきみ微笑みてうつし心も薄れ解けけり
待ち受けの笑顔のきみをふところに東の空の赤星眺む
待ち受けの笑顔のきみの目尻にはすまなさうなるほくろがひとつ
待ち受けにゐるきみ見つめられてをり想ひめぐらすクリスマス前
待ち合いの君はひだりを向きにけり左の肩のほくろおもほゆ
きみからの返信のないケータイを抱きしめ暮れる24日
蕎麦すする大つごもりの夜はふけて待ち受けのきみ笑みぞかなしき


コメントを残す