まいった…その弐

一時に、3つのハードディスクが壊れた。正確には、あたしが壊した、ことになるのだな。
このブログサーバーのハードディスクのデフラグをしたのが始まり。
そもそも、このような作業は、オペレーティングシステムが基本機能として備えておくべきもの。
某世界的事務機器会社のおーえすつーでは、自動的にやっていた。つまり、できないことはない。
「それは、デフラグすればいいんだよ」なんて、ちょっと言ってみると、なんとなく優越感を覚える、の、か、ね。
そもそも、デフラグしなければならないようなファイル管理システムに問題がある、とは、誰も言わない、かも。
で、だ。
ハードディスクの容量が大きくなっているから、このブログサーバーのデータ領域をデフラグするまでに10日以上かかってしまっている。
他のサーバーでも実行したのだが、我慢できず、複数のアプリケーションを併用してしまった、のが敗因、だと、今では考える。
1台のノートパソコンの内蔵ハードディスクは、ガリガリいい始めた。久しぶりに聞く音。幸い保証期間内だったので、ハードディスクの交換。データはたいしたものはなかったし、幸い、バックアップしていたので、問題はない。
次。
職場のメインマシンのハードディスクがいかれた。ファイルがどこにあるか、を管理しているテーブルが目茶苦茶になってしまった。
30時間以上「ゴミ箱あさり」をさせているのだが、成功したら御の字。
さらに。
自宅のメインマシンのデータ用ハードディスクがいかれた。こちらも、ファイルがどこにあるか、を管理しているテーブルがいかれた。
こちらは、バックアップしていたので、大丈夫、と、思ったら、そもそも、そのバックアップ用のハードディスクが、2台とも…安全のため、2つの領域に交互にバックアップしていたのだがその2台とも…管理テーブルがいかれていた。
バックアップ計画を作り直す必要がある。

そんなこんなで、仕事ができない。
ぼんやり、プログレスバーを見て、煙草を吸って、コーヒーを飲んで、時々昼寝して、過ごす。
11/10, 11の土日は、先に書いたウィルスの後始末とこれからの対策に費やしたのだが、その疲れも出てきている。
久しぶりに、どっかり来た。
食欲が無い。
…訂正だ、時々昼寝、ではない、ほとんど寝ている、な。


学生に推薦した手前、レナードの朝、と、17歳のカルテ、を見直した。
泣いてしまった。
仕方ねぇな、そーゆー作品だ。


コメントを残す