6月23日(水)

午後から部門会議、引き続き教授会。起きた時から左胸に痛みがあった。肋間神経痛だと思う。
部門会議に出ていて、とても苦しかった。なぜだかわからないが、その場にいるのが苦しかった。何か聞かれたように思うのだが、すぐには答えられなかったし、何を答えたのかよくわからない。同僚が何をするわけでもないことはよくわかっている、のだが、とても苦しかった…なくとなくではあるが、視線が気になっているようだった。誰が見ているわけでもないのに…
教授会の前、方法研2に置いてある学部・学府共通データベースサーバが停止しているのを発見する。一気に徒労感に襲われる。誰かがコンセントを抜いたに違いない。先週らかエアコンの設置工事が始まっていた。先週、業者は、作業途中で帰っていた。月曜日に続きの作業をしたはずで、その時に、壁のコンセントに触れたもの思われる、が、業者を問い詰めても埒が明かないし、起きてしまったことだから仕方ない、ハードディスクのメンテナンスをすることにした。
メンテナンスプログラムが表示するプログレスバーを見つめているうちに、頭痛がひどくなってきた。椅子から立ち上がれないような気がした。
結局、教授会には出ていけなかった。


コメントを残す