2011年

みのるちゃん(わたしの母親)を、2011/03/06、仙台から福岡に移した。

引き取った、とも言うな。
それ以来、よく眠れていない。
最初は、2時間おきにトイレに連れて行った。
2010年の10月、仙台を訪れた時には、基本、自分の事は自分でできていた。
トイレまで行く、パンツをおろす、用を足す、パンツをあげる、トイレから戻る...
それぞれができなくなっていた。
愕然
2009年の2月に父親が亡くなって以来、一人暮らしをしていた。
半年後、譫妄がひどくなり、一人暮らしを止めた。
それからの1年半、ひと月に1回の通院以外、家からでなくなった。
...出されなかった、のかもしれない...
わずか1年半、で、激変した。
福岡に来て、初日の夜、頭の上を人が走り回った、そうだ。
徐々に落ち着いて、ぽつり、ぽつり、と、話し始めた事を聞いていると、ため息しか出てこない。
典型的な、高齢者虐待、だと思う。
聞いた時には、とても頭にきた、し、書いてやろう、とも、思った。
だが、聞き続けるうちに、だんだんとわたしがまいってしまった。
書く事に意味があるのか...
それでも、書いてみよう。
1.身体的虐待
2.心理的虐待
3.ネグレクト(介護や世話の放棄)
4.経済的虐待
みのるちゃんの通帳、仙台の地方銀行とゆうちょ銀行、それぞれ、「介護者」に渡していた。
今思うと、「介護者」の自覚の無い人間に渡してしまっていたのだな。
みのるちゃんが頼んでお金をおろしてもらうとき、10万円、5万円、という具合におろす。
これは、わたしが頼まれた時も同じだった。
通帳を見ると、2000円、30000円、とおろされている事がある。
ざっと、47万円になっていた。
みのるちゃんは年金生活者である。
2ヶ月に1回、自分の分と、なくなった父親の関係で、19万円程入金される。
ひと月に1回は、区役所から30000円、入金される。
毎月、12万円ほどの入金だ。
「介護者」は、「自分にはお金がない」という理由で、みのるちゃんからお金をもらって生活していたらしい。
風邪を引いた時、みのるちゃんはそのまま、「介護者」はみのるちゃんから3000円をもらい、通院したとの事。
毎月1回のパーキンソン病の通院の時には、10000円を「介護者」に渡していたらしい。
みのるちゃんは、特定難病指定を受けているので、医療費はかからない。薬代としても高すぎる。
残りは、「お駄賃」になっていたようだ。

いつも、うまくいかない。

とりあえず、6.6.6まではうまくできたはず*、なんだがな〜
6.6.7をここに書いてある手順でやってみると...makeの途中で...
  CCLD   magick/libMagickCore.la
/usr/bin/nm: no name list
Undefined symbols:
  "_png_set_longjmp_fn", referenced from:
      _ReadOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _ReadOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _WriteOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _WriteOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
ld: symbol(s) not found
collect2: ld returned 1 exit status
make[1]: *** [magick/libMagickCore.la] Error 1
make: *** [all] Error 2
make  check-am
  CCLD   magick/libMagickCore.la
/usr/bin/nm: no name list
Undefined symbols:
  "_png_set_longjmp_fn", referenced from:
      _ReadOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _ReadOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _WriteOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
      _WriteOnePNGImage in magick_libMagickCore_la-png.o
ld: symbol(s) not found
collect2: ld returned 1 exit status
make[1]: *** [magick/libMagickCore.la] Error 1
make: *** [check] Error 2
なんてことになってしまう...
で、まぁ、いつものようにググってみると...
とか、
ここ
に、同じような文字列が見つかる。
どちにも、記事の投稿日時がわからん。
ま、どっちが先でもいいのだ。
よーするに。
libpngのバージョンを1.2xにしなさい、ということらしい。
で。
まず、libpngは、MacPortsで導入している、ので、利用を停止させちまう。
port -f deactivate libpng
次に、
libpng-1.2.44
を導入しちまうっ
そして、
cd ImageMagick-6.6.7-6
./configure --with-perl
make
make check
このとき、
PASS: wand/drawtest.sh
FAIL: wand/wandtest.sh
===========================================
1 of 48 tests failed
See ./test-suite.log
Please report to http://www.imagemagick.org
===========================================
make[3]: *** [test-suite.log] Error 1
make[2]: *** [check-TESTS] Error 2
make[1]: *** [check-am] Error 2
make: *** [check] Error 2
なんて出てしまうけど、ごーいんに、
make install
なんだな。
さて、複数台で試してみるか。

2000年に診断名がついてから、もう11年目である。

毎年、年末は、また、今年も、ひでぇ年だったなぁ、という、思い、で、一杯になる。
例えば、2005年12月大晦日
病名がついてから、五年が過ぎようとしている。
相変わらず、家族、職場の方々、指導生の皆さん、院生・学生の皆さん、に、迷惑をかけ続けている。
回りの方々のおかげで、2005年は、低空飛行ながら、墜落せずに過ごせた。
明日は、福岡に帰る。
先の見えない日々が始まる。
まず、薬を飲もうっと。
例えば、2007年12月つごもり、幻覚のうたを詠んでいるし...
晦の明け方に見た幻覚は友がすりより尻押しささやく
金縛り友とかすかに思ふのみ誰とも知れず過去悔いるなり
無いはずの襖が開いて人ぞ来る布団剥がされ寒さで起きる
襖開き見知らぬ3人見下ろしつ何ぞいひたき哀しげなかほ
幻覚とひたすら叫ぶ知識あり睡眠薬かアルコールかも
年始と言っても、新しい年の見通しがある訳でもなく、ひたすら、その日を無事に、無事にというのは、自殺する事無く過ごす、こと、を願って、いる日々。
この繰り返しであった。
2010年は、半年休職した。
これがよかったかどうかは、わからない。
3ヶ月は、なんだかんだと、作業していた訳だし、未だに作業しているし。
授業できなかった事がむしろ悪かったように思う。
復職したと言っても、容赦なく仕事は割り当てられる。
これまで、なぜ、入院しなかったのか、と、言えば、入院して緩解して戻ったとしても、職場環境が変わるはずが無く、そこで仕事を続ける限り、再発する事は火を見るよりも明らかであったからだ。
ならば、わたしが「慣れる」しかない。
しかし、1つだけ、よい事があった。
一緒に暮らしてくれる人がゐる、それだけでなく、各種病院にも「連れて行って」くれる。
以来、病院に行けない、ということがなくなった。
...管理されてる、かも...
さらに、睡眠外来に通院し、CPAPを使うようになった。
さらに、循環器科には毎月欠かさず出かけ、血圧が安定した。
もちろん、精神科通院を欠かした事も無い。
そして、眠剤を飲まなくても、熟睡できるようになった。
睡眠の改善、これだけでも、大きな一歩を踏み出した事になる。
復職のための「面談」の際には、「睡眠が改善された」と言ったが、うつ病が治ったとは言っていない。
だから、か?
容赦なく仕事は割り当てられる。
...言葉どおり厳密にっ、てぇのは、通じないのかもね〜
でも、いいのだ。
いい事があったのだから。
優しい時間が、ぼわぉ〜ん、と、流れる日々を暮らしている。

010年末、2011年始、結局、標題の導入に明け暮れる。くっはぁ〜

とはいえ、これまでのような、わからん状態、にはならず、すんなり成功。

自宅サーバ、研究室サーバー、その他、順調に導入されているみたい。
ふぁうぅ〜
メモとして、残しときましょ。
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
Intel Mac
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
sh
export CFLAGS='-arch i686' 
export LDFLAGS='-arch i686' 
./configure --enable-check --prefix=/usr/local/clamXav --build=i686-apple-darwin`uname -r`
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
Intel Mac ... Snow Leopard
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
sh
export CFLAGS='-arch x86_64' 
export LDFLAGS='-arch x86_64' 
#./configure --enable-check --prefix=/usr/local/clamXav --build=i686-apple-darwin`uname -r`
./configure --enable-check --prefix=/usr/local/clamXav 
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
powerpc
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
sh
export CFLAGS='-arch ppc' 
export LDFLAGS='-arch ppc' 
./configure --enable-check --prefix=/usr/local/clamXav --build=powerpc-apple-darwin`uname -r`
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
all
---------- ---------- ---------- ---------- ----------
make && make check VG=1
make install

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/cat4/2011/index.php:914 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/cat4/2011/index.php on line 914