Q&A

Q&Aの続き(実際のやりとりに加筆訂正)

Yさんからのメール
ご心配をおかけしています。またメールを開けなくなっておりました。すみません。真面目に2週間に1度の通院と、投薬は守っていますが、波があるようです。レポートを提出する頃はがんばれたのですが・・・・。ここのところは、またおちこんでおりました。薬を替える相談もしていますが、もう少し様子を見ようということにしています。(もう少し強い抗うつ剤があるそうですが・・・。あまり強い薬に頼って良いものか気になっています。) まだ、電話やメールを開くのが怖いです。今日は久しぶりに思い切って開けましたが・・・。

あたしのお返事
Subject: まずは薬物療法が先です
お返事がなかったので、調子が悪いのだろうなぁ、と、想像していました。
また、電話に出られない、メールを開きたくない、の、だろうなぁ〜、と。
強い薬といっても、ちゃんと医者が処方するので、強烈なことにはなりません*。
心理療法をする場合であっても、まず、薬物療法によってある程度コントロールしてから、の方が効果的なのだと思いますね。
前に話したかもしれませんが、あたし自身、「ああ、これで効いているな〜、調子いいな〜」とわかる薬が決まったのは診断名が付いてから3ヶ月後でした。その後も、長くて数ヶ月単位で薬は変っています。その都度、強くなったり弱くなったり。
気が重いかも知れませんが、腰痛(あるいは慢性病)と同じで、いかにして共存するか、がポイントです。
薬を使っても、病気を飼いならせれば、いいわけです**。
戦略的にやりましょう。
例えば、できれば、自分のリズム...1週間ではいつ眠気がでてくるのか、1日ではいつ眠気がでてくるのか、数ヶ月単位ではどうか、といったことも、記録しながら確認して行くといいのではないかと思います、って、これは担当医が指示することだっ。
それから、かつて、あたしの指導教官だったH谷先生も躁鬱病で、あたしに診断名が付いた時、どうもH谷先生はちゃんと薬を服用していないようだ、という噂を聞きました。
で、あたしとしては、しゃかりきになって服用した(これはこれで神経症的ではありますが)わけです。今も、1日分を小分けにして必ず服用するように心がけています。前は、シートの裏側に日付を書いて管理していました、が、書きにくいので、1日分をまとめるように変えました。

恐らく、そろそろ、薬に対してどんな反応をするのか...効きにくいのかすぐに効くのか、といったこと...を担当医がつかんでいる時期だと思います。ですから、強い薬にする、と、言った場合、これからいくつかの薬を試して行くことも含まれるのだと思います。
ホルモンと同様、体内での濃度が問題になるのだと思います...だからこそ、継続して服用する意味がある。
あたしの場合、1週間か2週間の観察で、薬を変えて行きました。
そのようなことをする時期に来ているのだと思います。

あたしは、仕事をしながら闘病する道を選びました。
休職するという方法もありましたが、そちらの方法では、職場に戻ってきた時(同じ職場であれ違う職場であれ)に...職場の環境はそんなに簡単には変化しないのに、自分だけ変化しても、また自分が元の状態、病気の状態、に、戻ってしまう可能性が高いので...対応できない可能性を考え、環境に適応しつつ病気を飼いならす道を選んだわけです。
そうなると、緩解するまでにはとても長い期間が必要になります。
その点も含めて、一生ものの病気、なのですね。
くれぐれも、病気である、ということを再認識してください。
つまり、気の持ちようでどうにかなる、気合いの入れ方でどうにかなる、のでは、「ない」、のです。
また、風邪に喩えて、「うつ病は心の風邪だ」と言う場合がありますが、病気とはいえ、薬を服用すれば簡単に治るわけでもないようです。風邪の場合にはウィルスを退治できれば(休養と栄養によって免疫機能を高める、他の感染症を防ぐために抗生物質を使う)、生体の自然治癒力によって治るのに比べ、うつ病の場合には、いわば、脳内伝達物質の機能障害という状態(さらに、何故そうなってしまうのか、まだ理由がわからない、つまり、原因を取り除けない)であり、根治することが難しいということも理解すべきだと思います。
気長に飼いならすようにした方がいいと思いますよ。

思いつくまま書きました。

Q&Aの続き(実は2005年12月に公開しようと準備していたもの)
「あんた、さ。酒飲んで、薬飲んで、大丈夫なの?」
ダメかもね〜
眠剤が効きにくくなってるし...効いてくるのが遅くなっているのかも...
...風邪薬なんかも効きにくくなっているかも。
...酒も、かな。
(大)酒を飲んでいると、その日のうちに頭痛(二日酔いタイプ)がしてくる。
3ヶ月に一回くらい、血液検査(特に肝機能)してますけど、中性脂肪が多いくらいで、とりあえず肝機能は大丈夫。
ここ数ヶ月は、血圧も高い(150/100)...頭痛(脈動タイプ)もする...頭痛は血圧が高いからかも。
内科の医者なら、かなり強く禁酒*を命ずると思う。そこはそれ、精神科の医者は「リラックスできるのならね〜」としぶしぶ認めてくれているみたい。
肝臓の大きさは体重に比例する、らしい...処方に際して体重を目安にするのはそのため。あたしの身体だと、それなりに大きな肝臓を持っていることになる...親に感謝。じさま、ばさまにも、かな。そうなると、そーとー肝機能も高いのかもね〜
とてもとても、人さまには薦められまへんなぁ〜
とは言え、そーとー働いていることは確かだ。
効きにくい、遅く効く、と、いうのは、分解に時間がかかっているだと思う。
ちなみに、今服用している薬をまとめると...
朝...ニューロタン25mg2錠**...降圧剤
朝晩...メチコバール500μg1錠、メリスロン6mg1錠...眩暈対策
朝晩...小青龍湯...花粉症対策
夕方...パキシル(SSRI)10mg1錠、レスリン25mg1錠
就寝前...レスリン25mg1錠、デパス1mg1錠、レボトミン5mg1錠、時々と処方されているけど頻繁にラボナ50mg1錠
こう書き出してみると、多いな。
花粉の攻撃に耐えられなくなると、ここに抗ヒスタミン剤が加わる。
年末、一時に無くなって、困ったわけだ。
ヤクチュウ***だし、特にSSRIの。
2週間前のことだけども、書く気になったので、投稿することにした。
1月31日(火) の会議でのこと。
欠席された方がいらっしゃって。
事前に、委員長宛には「体調が悪い、当日も行けないかもしれない」との連絡をしていたとのこと。
そのように連絡するだけ、まだ、いいと、思った。
あたしの場合には、気がつくと会議の開始時刻を過ぎていることが多々あるのだし。
で、だ。
同じ系の委員がボロクソに言っていた。
「男の更年期のようだ」とは言うのだが、ボロクソ、であった。
...でも、あたしの見る限り、立派なうつだと思う。
おせっかいだけど、あたしの経験では...、と、弁護してみようか、と、思ったのだが、すくんでしまった。
ああ、情けない。
もしかすると、あたしのように、カミングアウトしていないのかもしれない。
もしかすると、あたしの時のようには、同僚が事情を知らないのかもしれない。
あたしが会議を欠席している時、あのように言われているのだな、と、思うと、いたたまれなくなった。
まだまだ、だな。
Q&Aの続き...Q&A_6の続き
(実は2005年12月に公開しようと準備していたもの)
「ブログでカミングアウトしているけど、差別とか、ないの?」
類は友を呼ぶ、か、朱に交われば赤くなる、か。
ここ1年のうちに届いた、近しい人たちからのメールの中から。

○Zさん
とはいえ、ここ最近の私は精神的に不調でありまして(少量ですが抗鬱薬を処方してもらっている状態で)、著しく知的作業の効率が落ちているようです。
だからどうだ、という話ではありませんが、一応知っておいてもらいたいと思い、加えてご報告いたします。

○Yさん
今年の2月に体調を崩し、人間ドックで糖尿病と肝機能障害が見つかりました。まだ生きておりますので、それほど重大な症状ではなかったと思ますが、父の病気や、痴呆症の祖母の介護の問題、その他の自分の家族の問題、仕事の問題が重なり、落ち込んでしまいました。
自分がしっかりしないとと思うと病気のことも家族には内緒にしております。入院することがこわくて、それ以来病院に行けなくなりました。仕事も子どもたちが学校にいる間は気を張って何とか出来るのですが、子どもを帰したあとに虚脱感におそわれるようになってきました。人に会うことがおっくうになり、調子が悪いときは携帯電話に恐怖感を憶えたり、こわくて2ヶ月間メールが開くことができなかったこともありました。

どちらの場合も、どう考えても、うつだと思うのだな〜
特にYさんは、一時期(電話やメールが怖いのは、今でも続いている)のあたしの状態と同じで、かつ、診断の時の適切属性となった事柄が書かれている。とても立派なうつだと思うのだが、文面に書かれている「病気」は、糖尿病に肝機能障害であって、鬱病ではないと思う。本人自身、精神病とは認めたくないのだろうと思う。
そして、どちらの方も、周囲にカミングアウトはしていない(できない)ようだ。
家族にすら言うこともできず、学校や職場でも秘密にしなければならない、というのは、自分自身の持っている精神病に対する思い、恥ずかしさだけでなく、周囲の無理解に対する警戒(周囲は無理解だろうという推測)もあるように思う。
あたしのように、無理解は「職場自体の存在を揺さぶるハズだ」と居直ることは、実は極めて稀なことなのだろう。
(稀だからこそ、貴重なのだと考えたい)
果たして、義務教育の学校で、そこに所属する先生が精神病だということがわかった時、仲間の先生方は、子どもたちは、その親たちは、どのような反応をするのだろうか?
子どもたちにとって、とてとても良い先生であったとしても、先生として極めて優秀な働きをしていたとしても、辞めさせろ運動が起きるのだろうか?
もしもそのような事が起きたとしたら、その学校の人権教育が失敗している証拠になると考えざるを得ない。
妙なところでFDファカルティ・デベロップメントができてしまうと思う。

Q&Aの続き
(実は2005年12月に公開しようと準備していたもの)
「ブログでカミングアウトしているけど、差別とか、ないの?」
あたしの職場でそれがあったとしたら、それはその職場自体の存在を揺さぶるハズだ。
そんなんで教育学部なのかいな。
そんなんで教育学なのかいな。
そんなんで(教育)心理学なのかいな。
とは言え、逆手にとっているあたしは最低かもね〜
とは言え、html版日記を作り始めた時から、差別と闘うのが大学教員としての役割の1つだあると考えたのは事実。
さらには、精神病、精神病院に対する偏見とも闘うつもり。
気軽に精神病院、精神科に行こうね〜
Q&Aの続き...Q&A_5の続き
「急に無気力になったり、死にたくなったりしたとき、どうしたら気持ちを浮上させられるか?」

追加っ!
...毎日、の、こと、だな。
「急に無気力になったり、死にたくなったりし」て、仕方がないので、じぃ〜っとしている時、それなりに動き始めなければならないぃ〜、とは考えているのであって、動き出すまでの間、なんとかして働かない頭を少しずつ使ってみる、ということは、しばしば実行しております。
そのために、枕元にコンピュータ(www.kumecchi.net)を配置し、DVDやらCDやらを周りに積み上げ...
公式・非公式を含めてメールアドレスに届いたメールを携帯電話で読む、
携帯電話に直接届いたメールを読む・返事...ほとんど、謝罪になるけど...をする、
談志を聴く・観る、
iTunesをいじくったり、なにやら聴いてみたり、
コンピュータ相手に(必ず勝つ)将棋ゲームをする(おいおい、いくら次の手がないからって、そう動いちゃだめでしょう...うっひっひっ)、
サーバを診る(おぉ〜っ、今日も元気に働いてるね〜)、
サーバに関係するプログラムを作る(特定のプログラムが動かなくなったら、あたしにメールを送るようにする、とか...そのプログラムが動かなくなったら...どうする...え゛っ)、
ホームページを作る(特定のページを作る、だけでなく、そもそもサーバ全体としてみた場合にエラーが出ていないか調べる、不正アクセスがないか統計情報を診る...)、
電子メールシステムの記録を調べる(なんだこのアドレスは、おちょくっとんのかいっ、受信拒否したろっ)、
ブログを作る(書き込む、コメントを整理する、トラックバックを整理する、時々、整合性をとる...)...
そのうち、トイレに行きたくなる、お腹がすいてくる、そうなれば、たいがいは大丈夫。やがて起きる。
ここまでくるのに、どのくらい時間がかかるか、は、その時の疲れ具合によって違うのが難点〜
これを制御できたら、緩解に近づくと思うのです、はい。
もし、「儀式」的であれ、その行動をとればそれなりに動ける、というのであれば、たとえ遅刻してもそう行動すればよいのだ、と思う、が、まだ、確実なものはない。

Q&Aの続き
「急に無気力になったり、死にたくなったりしたとき、どうしたら気持ちを浮上させられるか?」
あ゛〜
ん〜
ねぇ〜
これって、誰もが答えを知りたくて、まだ誰も正確には答えられない問いではないでしょうかねぇ〜
もしも、答えがわかったら、精神科医(カウンセラーも、か、な...それとも仕事の中身が「問題のすり替え」*から変るか...)の仕事が少なくなる、かも。
誰にとっても、「必ず」「絶対に」「確実に」効く、そんな方法は、少なくとも、あたしは知りません。
少なくとも、あたしの場合は、ただじっと寝ていると、そのうちに浮かんでくる、というだけ(鬱の時にはなんとかなりそうだ)。
多分、あたし以外の人にとっては、ただじっと寝ていても、ダメかも、いや、ダメでしょう。
かく言う、あたしでも、「行動の概要(PDFファイル;80,429バイト)」をつけてみたり、病名がついてから、既に5年を費やしているのだし、「じっと寝ていること」が確実ではない、という1つの証拠でしょう。
とはいえ。
少なくとも、あたしの場合は、待つ、こと、が、いいように思うのでした。
バリバリに動き、ガシガシ仕事をしている時、が、むしろ、やばい(鬱の時にはなんとかなりそうだ)。
これがわかっただけでも、そうとう、良い情報を仕入れた、と、考えております、はい。
いずれにしても、認知の歪みを含めて、知識構造も再構造化しないと、「緩解」とは言えないように思うのですよ。
ということは、精神科医の仕事は、薬の処方、諸々の判断、だけでなく、患者の知識構造の変革・再構造化も含まれるのだと思うのでございまする。
「薬を飲まなければいけません」と、言うだけで、患者の行動が変容すると考えているとしたら、医学はそうとうあまっちょろいことをしていることになりますな。
患者に「学習の機会」を見いだし、長期的な学習プログラムも設計することが必要なように思う、今日の頃。
いちおー、そのスジの専門家としての、思いつき、で、書いております。

Q&Aの続き
「人前(授業)でニコニコしているが、苦しくないのかよ、どうしてそんなことができるのだぁ?」
はい、(とぉ〜っても)苦しいでござる。
そんなの当たり前。仕事なんだもの。客商売なんだから、営業スマイルできなくてどーすんのさ。
あくまでも仕事なんだから、苦しくてつらいのは当たり前。そして、どんな仕事にも(営業)努力は付き物で、それがまたとてもつらく苦しいものだ。受講生はお金を払っているのだし、休講にしたり遅刻しては申し訳ない。
幸い、授業は楽しい。受講生が「わかった」という反応(単にわかったと言うなんて事ではない)を示してくれることは、もっといい授業を創ろうという活力になるのだし、有り難いことである。だから、死ぬ物狂いで出ていって、恥ずかしいけど話をするのである。
授業を創る事は楽しいことではあるが、人前で話をすることとは別。決して、人前で話をするのが得意な訳では、ない。滅茶苦茶ドキドキ、目茶苦茶キンチョーするんだもの。

ウィリアム・ジェイムズ:ひとは悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ。
変換命題:ひとは楽しいからニコニコするのではない。ニコニコするから楽しいのだ。
さぁ、鏡を見ながらニコニコする練習をしましょう。
ちなみに、あたしは、国内線のキャビンアテンダントのニコニコの仕方を真似るように練習した。最初は、院生の時、銭湯で、ヒゲを剃り終わってから鏡を見ながら、ニコニコと...就職してからは、朝、シェーバーでヒゲを剃り終わってから、鏡を見ながら、ニコニコと...
もちろん、低調な時には鏡すら見たくない。その時はその時だ。少しでも好調になったら、鏡を見ながらニコニコするべし。

...ちなみに、個人的には、天職あるいは適職なんてないと思うのだな〜
教師は教師をやりながら教師らしくなって行く。
医者は医者をやりながら医者らしくなって行く。
人は、その仕事をしながら、その仕事に適した人になって行く。
そこに学習の可能性、教育の可能性があるのだ、と思いたいな〜
だってさぁ〜、就職する前に(それも若いうちに)、あなたに適した職業はこれでぇ〜す(これしかありませぇ〜ん)、と、決められていたら、つまんないんじゃないのかな〜
これはこれで、1つのテーマになるか...うへー、このままだと、だんだん(うつ病の)日記から離れて行きそうだ...いい加減にやめよっ

Q&Aの続き...Q&A_2の続き
「日記を読むと、波があるようだけれども、落ち込んだ時にはどうしてるのさ、じっとしているしかないの?」
「おまえは、いつも予想予想と言っているが、自分の波は予想はできないのかぁ?」
なんとなくはできそうに思う、今日この頃、それは、行動の概要を記録している(「行動の概要記録用紙...PDFファイル80,429バイト、Excelファイル23,552バイト」)から、多少なりとも法則性が見えてきているのだと思いたい。
仕事の一部の、会議、授業、打合せ、これらのうち、重要度が高い(と自己認識したもの)ほど、そして初めて度が高いほど、その前日は眠れなくなってしまうのですな。前の日ならばまだ良くて、重要度が高いと3日程前から眠れなくなってしまうこともありますね。こう見えても...どう見えるかは正確には測定していないので知らないが...意図通りならば自信たっぷり大胆不敵に見えるはず...小心者なので、自信がありません。「Q大で一番授業が上手い」と誉められようが、自信がないことには変わりがない。悪いことに、低調な時ほどそうです...当たり前か。
つまり、大事な行事の前は緊張して眠れない、ということは確実。
そして、問題なのは、行事が終わった後。
自信がない割には、ノリノリでやってしまう...軽躁状態になってしまうとも言える。
そして、疲れているにも関わらず、疲れが自覚できない...これまた軽躁状態だからかも。
従って、行事の次の日以降、最悪はその後一週間ほど、寝込むことになるのですな。
つまり、落ち込むのはいつかということはわかってしまうことになります。
さて、予想できたとして、どう乗り切るのか?
単純です。予測できる落ち込む時期には、極力大事な用事を入れない。そして、じっとしている。
どうしても避けられない行事だけに専念する、ということになるかな...「避けられない」と判断する基準が歪んでいないとは限らないけど。
...職場の同僚の皆さん、指導生諸君には、とても迷惑をかけていることは十分に知っているつもりであります。
もっとも、個人的には、2004年2005年と、もっとも大事な毎月の会議に3分の1くらいしか出席できませんでした。嗚呼自己嫌悪。
「なんじゃい、結局、できねぇんじゃねぇ〜かぁ」
はい、わかっていてもできまへん。しかし、わかっていることはわからないよりはずっとよいと考えるようにしておりまする。
そもそも、このような自分に、とぉ〜っても自己嫌悪してますからね。イヤだと思うことは、やがて改善できる、という楽観的な考えを持っておりまする。
Q&Aの続き
「うつがスパッとなくなってしまえば良い、とは思わないのかぁ?」
うーん。そりゃぁ、なくなるに越したことはないけどさ。
なくなるとは思えないのだな〜
「治る気の無い悪い患者」であるかもしれない。
「うつに依存している」のかもしれない。
「2つ良いことさてないものよ」であって、うつがなくなれば自分ではなくなるかもしれない。
腰痛と同様、抱えて生きていくしかなくて、むしろ、抱えて(生きて)いくのが自分らしいのだと思うのだな〜

闘病を自存理由が引き止める寄り添い支えそこにある鬱(2004-07-20)

「日記を読むと、波があるようだけれども、落ち込んだ時にはどうしてるのさ、じっとしているしかないの?」
はい、そのとぉ〜り。しゃーないです。
いかんともし難い時は丸まって談志演じし左平次www.amazon.co.jpを観る
丸まって、「起きちゃおっかな〜」となるのを待つのですな。待っていればそのうちに幸いな事に必ず「起きちゃえ!」となるのですな。これまた有り難い事に。中島らもwww.amazon.co.jp心が雨漏りする日にはwww.amazon.co.jp」にも書いてあったし。
確かに、ああ、会議が始まっている、こんなことをしている内に、世の中の人々は働いているのだな、と思う事はあるのだけれども、駄目なものはダメなのだな〜
こんな日記でも読んでくださる人がいるようだ、カウンターも順調に増えているし。
で、
「へたくそなうたばかりだ、タイトルは日記だろ!」
というお叱りの言葉、いや、激励をいただいた。
「へい、そのとおりで...だって、面白いんだも〜ん」
ついでに、質問も。
「ところで、あんた、つらくないのかよ?」
つらいよぉ〜
そんなの当然でござる(...ちょっと、ハイだな)。
家族のこと、両親のこと、指導生のこと、もちろん、自分自身のこの先のこと、心配で心配でたまらんです。
恐らく、このまま昇進もできないまま、嫌がられながら過ごすのだろうな〜
疎まれながら、かな。窓際に追いやられるのも時間の問題かもしれない。
改革についていけないもの。
給料泥棒の称号、無能者の称号はもうすぐかもしれない...それなりに院生・学生は育てているつもりだし、システム管理もしているつもりだけれども、それらは評価されないのだな〜
幸い、指導生諸君のテーマは個人的にも興味深いものだから「共同正犯」的に関われる、これがまた楽しい、のでは、あるが...
2005年度の会議は、ことごとく欠席。ようやく11月9日、4つのうちの3つの会議に出席できた...最後は身体(頭も身体のうち)がついていけなくて断念。結局、職務怠慢である。
酒量も増えてきているし...家元のように、眠剤を肴に酒を飲むようになるのは時間の問題か。
昼間、外に出て行くために泡盛をひっかけることが常習化する可能性もある。
今でも、時々、企図することもある...具体的な方略を考えるのだな。
波はあるし、職場のこともある、が、これは、また、次回。

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/cat18/index.php:1234 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/cat18/index.php on line 1234