2009年末のこと...背中の痛みと内臓

12月の最後の土日、青森に出張した。

気分転換も兼ねていた。
旨いものを食べようと思っていた。

が。
内蔵が全く動かなくなっていた。
胃が膨れる。
腸は動かない。
食欲がなくなる。

とほほー

妙に、背中が痛かった。
同行した共同研究者のスーパー看護師I田さんに無理やり頼んで、背中をゆっくり押してもらった。
何でも、広背筋の下の方がバンバンに張っている、らしい。
何故か知らないけど、内蔵の反射が背中にでる。
自律神経の反射、たとえば、右を下にして寝ると、右の鼻がつまったりする。
それと同じ。
操体法で動いた方が速かったのかもしれないが、ゆっくり押してもらうことで、広背筋のバンバンもなくなり、腸が動き始めた。ぎょぎょぎょー

半日後、胃が、ぐーっと、なり始めた。
ふぅ

なんだったんだろう。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009年末のこと...背中の痛みと内臓

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/2069

神経症性うつ病日記 - 11年目 (2012年9月30日 11:54)

2000年に診断名がついてから、もう11年目である。 毎年、年末は、また、今年も、ひでぇ年だったなぁ、という、思い、で、一杯になる。 例えば、2005年1... 続きを読む

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/2010/03/2009.php:610 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/2010/03/2009.php on line 610