自宅サーバは、Leopard Serverだ。
だから、DNSの設定に苦労はしなかった。

職場サーバの1つに、普通のLoepardを導入して、「練習」していたのだが、急きょ、これを使って、DNSサービスをしなければならなくなってしまった。
それまで、放ったらかしで、無法地帯になっていた支線に配置するためだ。

で、まぁ、自宅サーバの/etc/named.confと/var/named/内のファイルどもを流用すればいいだろう、と、気軽に作業を進めたのだけれども、launchctlで起動させると、system.logに怖いメッセージを残し始めてしまった。例えば、こんな感じ...

Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: starting BIND 9.4.1-P1 -f
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: could not listen on UDP socket: permission denied
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: creating IPv4 interface lo0 failed; interface ignored
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: could not listen on UDP socket: permission denied
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: creating IPv4 interface en1 failed; interface ignored
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: not listening on any interfaces
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: /private/etc/named.conf:16: couldn't add command channel 127.0.0.1#54: permission denied
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: logging channel 'default' file '/Library/Logs/named.log': permission denied
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: couldn't open pid file '/private/var/run/named.pid': Permission denied
Jun  1 00:00:12 dns named[29092]: exiting (due to early fatal error)
Jun  1 00:00:12 dns com.apple.launchd[191] (org.isc.named[29092]): Exited with exit code: 1
Jun  1 00:00:12 dns com.apple.launchd[191] (org.isc.named): Throttling respawn: Will start in 10 seconds

で、
http://www.fraction.jp/log/archives/2007/11/02/Leopard_de_BIND
や、
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/article.php?id=22
や、
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/article.php?id=49
や、
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind01/bind01.html
や、
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind901/bind901a.html
を読み直して、viを駆使して、作業したけれども、ダメ、なのであります。

ついに、
https://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/article.php?id=21
を参考に、Webmin(日本のユーザーグループも有るみたい)とUserminを導入することにした。
まず、日本のユーザーグループのページからソースファイルをダウンロード、setup.shを走らせると、あらまぁ簡単、導入されちゃいました。
モジュールの中の言語を日本語にして、さらに、アップデートして、ついでにUserminを導入して、不足していたperlモジュールを導入して...これはうまくできなかったので、CPAN経由で導入して、これはうまくできそぉ〜、と、安心したのはつかの間、結局、DNSの設定はうまくいかなかったのだ、な〜

そもそも、起動に問題が有るのか、と、思って、Lingon、も、導入してみた。
なかなか、便利、そうなのではあるが、viでplistファイルをいじくった方が実感が有る。
で、結局、org.isc.named.plist、の、記述には、問題はない、ようなのだな。
自宅サーバのそれと同じ、なのだから、動かないはずがない。
困る。
で、寝る。

気を取り直して、/etc/named.confを眺める。ついでに、自宅サーバのそれと比べる。
なんで、root特権を持って起動しているのに、permission denied、なのか、が、わからんのですよ。

普通Leopardの/etc/named.confでは、ログの指定に対して次のように記述されていた。

logging {
        category default {
                _default_log;
        };

        channel _default_log  {
                file "/Library/Logs/named.log";
                severity info;
                print-time yes;
        };
};


対して、自宅サーバLeopard Serverの場合には、Includeを使いまくっていたけれども、結局、

logging {
        category default {
                apple_syslog ;
        };
        channel apple_syslog {
                file "/Library/Logs/named.log";
                severity info;
                print-time yes;
        };
};

と、書かれている、の、だ、な。
で、この自宅サーバの記述に合わせて修正したら、動いちまった。

魔法の言葉、apple_syslog、だな。

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LoepardでDNS

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/2007

神経症性うつ病日記 - Wireshark on Mac OS X (2012年9月29日 17:34)

職場LAN上で、勝手にIPアドレスを使ってるやからがいる、らしい。おまけに、禁止されているP2Pも使っている、ようだ。仕方ないので、ネットワークを監視する... 続きを読む

神経症性うつ病日記 - TigerでDNS&Postfix&Webmin (2012年9月29日 17:46)

またまた、怖いことに、偶然、気付いた、のだが、職場サーバの1つで、DNSがうまく動いていなかった。このマシンは、支線のドメインとは異なるドメインを持ってい... 続きを読む

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 7.0.1

Yahoo!ブログの記事

飼い主になっていただきます : 2012年01月14日

病院の玄関のフラワーポッド : 2012年01月10日

病院の水槽の生き物 : 2012年01月09日

2円の買い物 : 2012年01月07日

新年のご挨拶 : 2012年01月03日

阿蘇にて、2011/12/17-18 : 2011年12月20日

時速1000Km/hじゃ、の、別バージョン : 2011年12月19日

時速1000Km/hじゃ : 2011年12月18日

ぶどう、では、ない : 2011年12月15日

怖い顔 : 2011年12月13日

アーカイブ