幻覚5首

晦の明け方に見た幻覚は友がすりより尻押しささやく
金縛り友とかすかに思ふのみ誰とも知れず過去悔いるなり
無いはずの襖が開いて人ぞ来る布団剥がされ寒さで起きる
襖開き見知らぬ3人見下ろしつ何ぞいひたき哀しげなかほ
幻覚とひたすら叫ぶ知識あり睡眠薬かアルコールかも

久々にみちまった。感覚はリアル。経験上、夢ではない。

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 幻覚5首

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/1951

神経症性うつ病日記 - 幻覚5首 その2 (2012年9月29日 16:45)

水銀が蟲になりたり全身の皮の真下に躍り蠢く銀色のひょろながきもの皮膚破り間抜けな顔で眺むるはたそブチプチと皮膚を破りし間抜け顔恐怖は蟲の数のN乗背中にも蟲... 続きを読む

神経症性うつ病日記 - 11年目 (2012年9月30日 11:54)

2000年に診断名がついてから、もう11年目である。 毎年、年末は、また、今年も、ひでぇ年だったなぁ、という、思い、で、一杯になる。 例えば、2005年1... 続きを読む

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/2007/12/post-219.php:636 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/2007/12/post-219.php on line 636