パキシルの服用停止にて詠める

副作用無しと言はれしパキシルは服用停止で暴れまくれり
処方せん持って走りしすぐにでも服用したし輝ける薬
体内の濃度高まるその日まで続く闘い萎える身体
催促がネット介して押し寄せりただひたすらに丸くなるのみ
空腹も尿意も痛みも我慢しつ毛布抱えて縮まる昼間
闘いは企図せぬことと副作用我慢我慢で数日過ぎる

まだ、時々、頭痛がする。血圧が高いから、かもしれないが、つらい。
入院が必要だ、とのメールをいただいた。そうかもしれない。
しかし、あたしが変わったとしても、あたし以外は何も変わらない。だからこそ、休職や入院は避けることにしたのだった。とは言え、もう、限界、かな...

トラックバック(3)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パキシルの服用停止にて詠める

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/1941

50,000レコードのデータから「必要な」レコードを抽出、記述統計を示せとの指令を受けている。こんなになるまでためたのが悪いんっすけどね。何かというと、某... 続きを読む

神経症性うつ病日記 - それぞれに2首 (2012年9月29日 15:52)

それぞれに咲き誇りたる花びらの死骸の山の雨上がりなりそれぞれに雄蕊雌蕊を延ばしたるツツジサツキの花揺れる午後... 続きを読む

神経症性うつ病日記 - なさけない... (2012年9月30日 06:21)

先週の木曜日、通院できなかった。 一つは、只管眠かったから。 もう一つは、薬代がなかったから、だ。 がはは。 財布の中に70円しかなかったりして... 只... 続きを読む

コメント(7)

お久しぶりです。

…パキシルは減薬が特に大変とされる薬ですよ・・
(私は例のルボックスなので、自己調整をして適当に服用しても、全く支障がありません→免疫…?)

なぜ主治医は当初パキシルを処方したのか、そして、なぜ服用停止したのか。

ドクターにしかわからない部分も多いかと思うけれど、やはり気にかかります。

1.ルボックスは効かなかったんだな。
2.選択的セロトニン再回収阻害と免疫システムは別。
3.通院しなかったから、薬が底をついただけ。担当医は何もしていない。

そうなんですね。私はパキシルの効果が「?」だったのと、強迫的な傾向があるという理由から、ルボックスの処方となったわけですが。

免疫システムは別なのですね(汗)…そういえば、医学府の教官(わざわざ講義をしに来てくださっていた)がそんなことをおっしゃっていました。

3,とのことですが、ならばこのままパキシルを服用せずに…大丈夫ですか?…副作用は個人差があると言うので、一方的にはいえませんが。

3は、単純に書き過ぎましたっ
薬の処方を変えていない、ということ。
つまり、パキシルは継続して服用中。その他の安定剤、眠剤も変らず。
現在…3ヶ月くらいになるか…日本人の1日の最大量である40mgを摂取。
それで、まぁ、普通…調子悪い…です。

よ、40mgですか!?切れたら相当キツイと思います。…なおさら、お酒を引っ掛けるのは体に悪いですよ。

よ、40mgですか!?切れたら相当キツイと思います。…なおさら、お酒を引っ掛けるのは体に悪いですよ。

↑こりゃひどい…すみません。

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/2007/07/post-209.php:797 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/2007/07/post-209.php on line 797