オリオン座を見て詠める

オリオンの三つ星縦に並びつる夜半の寒さに人思ふ吾
コンビニの帰りに眺むオリオン座夜半の寒さと煙草の煙
電線の間に見ゆるオリオンの三つ星霞みニコチンに酔ふ


毎年この時期になると、H谷先生のことを思い出す。
論文指導で遅くまで学生・院生につきあっていた。
宿舎に帰る時刻には、オリオン座の三つ星が縦に並んでいる、と、よくおっしゃっていた。
とてもとても、H谷先生には、到底、多分、絶対に、及ばない、のだが、夜空を見上げては思い出す。
今年は、締め切りまでに書かせることができるのだろうか。
わたしは、付き合えるのだろうか。
所詮は、他人の論文なのだが、共同正犯、という思いは、受け継いだつもりだ。
少なくとも、わたしの目を通った論文ならば、絶対に評価が悪いはずがない、とりあえず、そう言い聞かせてみる。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オリオン座を見て詠める

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/1859

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/2006/10/post-173.php:594 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/2006/10/post-173.php on line 594