中年の

中年の鬱は脳超え肝臓と降圧剤の調整になる

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中年の

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/1792

コメント(5)

最近。

‘死にたい’のではなくて、‘消えたい’と思うのだということをハッキリと自覚しました。

いまさらながら…

離人症か?
They do'nt think of you.
他のひとはあなたが思っているほど気にしているわけではない。
だから、消えるのは簡単だ。

えーっと…

他人の目が気になるのが辛い余り『消えたい」のではなくて。
苦しむ自分の意識そのものから解放されたい、というニュアンスで「消えたい」のです。
自分の体と意識の全てを消してしまいたい。そんな衝動に駆られるんです(最近特にひどい)。


─仮に死んだとしても、その辺でフワフワと漂いながら「つらいよ〜」なんて言ってたら…

「…つらいなあ。」と(笑)。

ちょっと、試してみただけ。
「離人症」は、書かれているのとは違う状態だしょ?
やはり、心身二元論か。心理屋なら、そーでなくっちゃ。
かつて、H谷先生が授業の時、
相手が脳と言ったら、NOと言え!
と、吼えていた。
心の動きは、脳内伝達物質が云々、素粒子が云々、という主張には、身体を張って抵抗してもらいたいものだ。
たださ、物理的には、身体が消えることはない。たとえ死んだとしても、エントロピーが増大するだけで、原子分子のレベルに分解されるに過ぎない。
残念ながら。
違う意味で、「フワフワと漂」うことになる。もっとも、その場合、「つらいよ〜」と認識できるかは不明。
できることは、自分は、‘消えたい’と思っているのだ、と、自覚することだな。
自覚できただけ、進歩と見るべし。

へえ…そうなんですか!?身体って完全消滅とまではゆかない(不可能)だったのか。
つい、感覚的にしか物事を解釈しようとしない傾向にあるので(こりゃいかんですね…)

でも、原子分子レベルで「つらいよ〜」とか叫んでいたら…
…想像しただけで噴出してしまいました。
(まるでマンガだよ…)

そういう感情を自覚できただけで進歩、といわれたら、素直に嬉しいですね^^

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 7.0.1

Yahoo!ブログの記事

飼い主になっていただきます : 2012年01月14日

病院の玄関のフラワーポッド : 2012年01月10日

病院の水槽の生き物 : 2012年01月09日

2円の買い物 : 2012年01月07日

新年のご挨拶 : 2012年01月03日

阿蘇にて、2011/12/17-18 : 2011年12月20日

時速1000Km/hじゃ、の、別バージョン : 2011年12月19日

時速1000Km/hじゃ : 2011年12月18日

ぶどう、では、ない : 2011年12月15日

怖い顔 : 2011年12月13日

アーカイブ