11月27日(日)・28日(月)...そう言えば

ミョーな夢を見た...どっちの日だったのか忘れた...
寝ているあたしの上を、黒い「一反もめん」らしいものが、足先から現れ、頭の先まで飛んで行った。
その黒い「一反もめん」らしいものが移動するのにシンクロして、全身、ぞわぞわした...背筋が寒くなったわけではない。
瞬間、マントラ(真言)を唱えたり、九字を切ってしまうところが、なんとも...つまり2回飛んで行った...1回目にマントラを唱え、2回目に九字を切った...
...そんなん、知っているのだな〜。般若心教はもう書けないし唱えるのも怪しい...あれ、寿限無もダメかな...
いつぞやの譫妄(せんもう)とは違うと思う。何しろ、そのシーンをリピートし、ここを見た時には飛んでくるぞ〜、ひゃー、やっぱり、ぞわぞわした〜、という、(予想の確かめをしている)あたしが居たのだから...2回飛んだのはその所為。
もしかすると、脳内伝達物質が悪さしているのかもしれない。
それとも、レボトミン5mg×2錠が悪さをしているのかな。翌日の「切れ」が悪いし、布団の中でぐずぐずしてしまうしな。
...抗ヒスタミン剤を服用して、身体が温まって、寝ちゃいけないのだけれども、眠っちゃう〜、という気持ち良さはそれなりにたまらないのだけれども。
レボトミン5mg1錠+ラボナ50mg1錠で勘弁してやろう...うー、ラボナ、ワンシートもらっておくのだったな...

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月27日(日)・28日(月)...そう言えば

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kumecchi.net/mt/mt-tb.cgi/1691

コメント(5)

くだらないことですが…「一反もめん」とは、あの妖怪?「板木綿」だとずっと思っていました・・
 自分は最近めっきり夢を見ません。寝る時間が極端に少なくなったからかもしれませんが。
見たとしても極めて現実的な夢ばかり。─まあ、現実的といっても一応‘夢’なので有り得ない内容に仕上がってはいますが。

起床後、見た夢のストーリーを思い返しつつ自分なりに‘分析’するのが結構好きですね〜。「なるほど、自分はこんなことを気にしていたのか〜」とか。正統な分析じゃないけれど…。
せん妄、とは意識障害?みたいなものだった気がしますが、幻覚とどう違うんでしょう?神経が極度に疲れることで引き起こされるっていう感がありますが…

でもそうなると、幽霊とかは人間が勝手につくり出している幻想なのかもしれない…。正常(ふつう)と異常(気違い─は差別的かも)との境界なんて、本当に曖昧で微妙な気がしてきます。
以上、自己弁護ってこと(笑)。

今週は休みまくったけれど、自分なりに何とか遣り抜いた感じです。かなりグッタリきてますね〜体の節々が痛い・・もう更年期かも。
明日(もう今日か…)があるので、いい加減寝なければ。

も。鼻が詰まって呼吸が苦しくて起きてしまいました。

で、「板木綿」ねぇ。
あたし:「…あのさぁ、大学4年生なんだから、腹芸くらい、わかれよな〜」
指導生:「…あはは〜、鼻毛ですかぁ」
に近いかな。それとも、巨人の星の「重いコンダラ」だろうか。
とは言え、つい先日(って言っても、ひゃー30年も経つ)まで解熱剤を「かいねつざい」と読んでいて、医者が出してくれる「げねつざい」とは別のものである、と思ってましたっ
わかり直しはとても大事。
ちなみに、「譫妄」は、あの話を聞いた担当医が使った言葉で、むしろ「幻覚」あるいは「妄覚」でいいように思います。いずれにしても、脳内伝達物質が悪さをしたと思います。眠剤を代えたら出なくなってしまったし…ちびつと残念。
それと、更年期障害をなめてはいけない。ホルモンバランスが崩れるので、とても大変、な、はず。むしろ、自律神経の失調と考えるべき…おまえは医者か…いいえ〜

体調(心調?)方は大丈夫ですか?…これからますます寒くなってきますからね〜。まあ、ゆっくりお休みくださいな。
勘違い(思い込み)と言えば、巨人の星の『思い込んだら〜』→‘重い根俵(コンだわら)’だと中学校のころまで思っていました。道徳→同徳(みんな平等に徳を得よう)、などなど。ああ、思い出すだけでも恥ずかしい…

更年期障害は、通常中年以降と聞きますが、最近は低年齢化してますからね〜。自分はかなーり酷使してきたはずなんで、結構くるんじゃないかなあと。冷え性、腰の痛み…夜なかなか寝ようとしないのもいかん原因なのではないかなあ、と(なら、今すぐ寝たらいいのに…)。

あ、あと『自律神経失調症』→‘自律神経出張症’(つまり、どっかに出張してしまうから、バランスが崩れる)と、高校なるまで思っていました。診断名の一つでもあったのに…

うー…そろそろ寝ます〜

立て続けにすみません…

急に無気力になったり、死にたくなったりしたとき、どうしたら気持ちを少しでも浮上(上向きにする、という具合)させることができるんでしょう? やっぱ寝るしかないんでしょうか。
 (似たような質問ですね…)
そういったことを、周囲には伝えられないし、伝わらないのがつらいところなんですよね〜。

暗〜い感じですね(笑)。

では、別にQ&Aを書き起こしましょうかね。
「どうしたら気持ちを浮上させられるか」
工作的発問How-to-type-questionだぞぉ〜

コメントする

QRコード

QRコード対応携帯からアクセスできます
QRコード対応携帯からアクセスできます  
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.3.2

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /Users/kumecchi/weblog/2005/11/112728.php:711 Stack trace: #0 {main} thrown in /Users/kumecchi/weblog/2005/11/112728.php on line 711